記事一覧

最近多いお客様からの相談

2014.02.05

アイコン

最近多いお客様からの相談内容の例

●数年前にアルミサイディングを施工したのですが、室内の壁が汚れなのか?カビみたいなものが出てくるようになった・・・。

【現地にて調査をした結果、アルミサイディングを施工後、家の壁中部分に湿気がこもり、それが結露となって、内装材の下地であるコンパネやボードの下地処理剤が結露と一緒に汚れとなって、室内側に出てきている状態でした。】

●十数年前にガルバリウム鋼板なのかアルミサイディングなのかわからないのですが、飛び込み訪問で来た業者にモニタ見本工事という内容にのっかり、外壁リフォームをしたのですが、最近、表面のあっちこっちに白い粉みたいのが出てきて、小さい穴も空いているとご近所の塗装業者さんから指摘を受けたのですが、この上から塗装か何かしたほうが良いですかと質問をするとこのタイプの外壁材からの塗装の仕方はうち(塗装業者さん)ではわからないので、この製品に詳しい外壁メーカーさんに聞いて、相談してみて下さいと言われたのですが、どうしたら良いのでしょう?

【ガルバリウム鋼板製の場合は本体の主体は鉄という鉄板でその上にアルミと亜鉛という金属の合金をメッキしてあるタイプですので、加工した際の切り口は錆びてきます。
また、主本体が鉄板ですので空中に金属の粉のようなものが浮遊している場合、主体である鉄という本体が磁石のような作用をして、外壁表面のほうに吸いついて付着する事と、その金属の粉等はすぐに錆になりますので、その錆が外壁表面の塗装等を劣化させ、主本体の鉄板に錆が広がっていきます、そのまま放っておくと、穴が空いていきます。
アルミサイディングの製品にも耐久性があるものとないものがあり、耐久性にないアルミの場合は鉄板の赤錆のような広がり方をして大きな穴が空いてしまうことはありませんが、酸化をして腐食しますと白いぶつぶつの粉のようなものが付着しているように見え、小さい穴が空いてきます。また、アルミサイディングは強度の弱いものと強度があるものという種類がございます。】

●築15年になるのですが、過去2回ほど塗装などのメンテナンスをしてきたのですが、この間、DIYで内装シートを張り替えしようと思い、壁紙をはがしたら、中のボードがカビだらけになっており、その部分のボードを部分的に解体をしたら、壁の中の木材の外側のほうがシロアリが発生しており、シロアリが発生しているの発見しました、土台のほうはシロアリ駆除の業者に点検してもらって大丈夫だと安心していたのですが、大変、ショックを受けています。

きちんと塗装等のメンテナンスをしてきたつもりなのですが、昭和アルミさんのブログを拝見したりして、勉強させて頂いたのですが、風雨の雨水から守る為にする外壁塗装が返って、家の中の湿気を壁に閉じこもって、良くないという事を高い授業料(外壁塗装やコーキング処理などのメンテナンス費用)を払って、身をもって体験しまして怖い思いをして、今後外壁塗装をしようとは考えておりません。

また、ある専門家の掲示板に書いてあるのも見て、アルミサイディングの外壁を既存外壁から施工をすると家の中が腐食しやすい環境になり、危険ですので、そのような工事は避けて下さいという内容も見ました。
昭和アルミさんのSOIV工法という工法の内容を詳しく知りたいので宜しくお願い致します。
ご近所で昭和アルミさんで工事をして頂いたという知人からも聞きまして、大変良い、お話も聞きました。

通常のリフォーム業者さんが工事している方法と昭和アルミさんの工法は全く違う別物であるという事も聞きましたので、是非、詳しい話を聞きたい、日本では昭和アルミさんでしかできない、特許技術の事についても教えて下さい、宜しくお願い致します。

【アルミサイディングの施工の仕方も注意が必要です。】

外壁を塗装をするのと同じく、外からの雨水を防ぐ為に密封をしますと湿気が中に閉じこもってしまいます。既存壁と新しいアルミサイディングの外壁材との間に胴縁材を下地にして隙間を設ければ、通気層ができると思っている方も数多いですが、実際は違います!! 隙間を設けて通気層ができたつもりが湿気自体が中にこもってしまい、湿気の流れができていないケースが数多かったり、外から侵入してきた冷たい冷気が既存壁を冷やし、もともとある既存壁の内側で結露やカビが発生しているケースが数多いです。

隙間を設けたところに湿気の流れる仕組みを作るには更にその上の一工夫、二工夫を考えて施工方法を考えていかなければなりません。

等々、沢山のご相談を全国の皆様から頂いています。
PS:なかなか、記事を編集する時間もなく、そのすべてをご紹介できなくて残念なのですが、今後、できるかぎりご紹介をしていく所存でございます。

重要なお知らせです!!

2013.11.10

アイコン

ここ数日、心のない悪質ハッカーによる異常なアクセス数の攻撃を受け、サーバーがダウンし、本日、しばらく表示されない状況が続いていました。

弊社のホームページを楽しみにしている閲覧読者の皆様、大変、申し訳ありません。

ただ今、復旧していますが、悪質ハッカーによる攻撃が現在も続いていますので、WEBサイトの閲覧表示に時間がかかる、また弊社宛てのメールが受信できないなどの状態が度々おきるかと存じ見づらいかと思いますが・・・・。

悪質ハッカー対策を順次対応していきますので、今後とも宜しくお願い致します。

重要!!口コミ企画の応募及び見積もり依頼、資料請求される皆様方へ

2013.11.10

アイコン

弊社のほうへ口コミ企画キャンペーンへの応募及び見積もり依頼・無料相談・無料ガイドブック請求される皆様方へ

お問合せフォームへの入力において、ご連絡先電話番号なしの空欄で問合せ頂くのは良いのですが、その際の住所地名の後の地番又末尾の番号の入力忘れの方、及びEメールのアドレスの間違い、または携帯アドレスにて応募される方の携帯端末の設定状態がなります規制やインターネットからのメールに対しての着信拒否を設定されている方が数多く、

せっかく、弊社のほうへ見積もり依頼や無料相談のお問合せを頂いていても弊社のほうからご連絡頂いた、メールアドレスにご返事をさせて頂いても相手先のアドレスが受付しませんでした・・・。相手方のアドレスを確認して下さいというエラーメッセージが返ってきているケースが数多いです。

また、郵送分物も住所地の地番が入っていず、資料を送付できない、または宛先不明で弊社に郵便物や宅急メール便物が戻ってきているケースも数多くございます。

弊社のご連絡いただく場合、弊社からのご返事連絡先であります、メールアドレスまたは電話番号、住所地・地番を最後の末尾まで、間違いのないようご入力をして頂いて、送信して下さい。

弊社のほうへインターネットからお問合せ頂いた方で、弊社より1週間以上も経過してもなんの連絡もない場合は上記の理由により、弊社のほうから何らかの事情により、ご連絡も郵送もできない状態になっているケースがございますので、再度、ご連絡頂きますようお願い致します。

by 昭和アルミグループ お客様相談センター

住宅の腐食の大きな原因

2013.04.14

住宅の腐食について=木材の腐食及び鉄部の腐食、モルタル壁の腐食が主要な部分です。

それらの腐食の一番大きな原因は水分であり、木材の普及は腐朽菌等カビが発生し、その果てが白蟻発生し、木材の強度がまったくなくなり、金属の腐食は酸化等、錆などが発生、発生した赤錆はまわりに広がっていき、穴が空いていきます。コンクリートは中に入っている鉄筋やラス網の腐食、また硬化剤であるセメントも水分の乾燥がしなくなってくると劣化してセメントが硬化しなくなったりしてコンクリートの強度がなくなり、剥がれや剥離してばらばらになって崩れていきます。

住宅(建物)に於いて中の木材等に入ってくる水分は外からの雨水と住宅内部で発生した生活湿気による水分であります。

それ故、外からの風雨から建物を守る為、住宅内部に雨水が入ってこないように外壁塗装をしたり、隙間のシーリングの補修など定期的なメンテナンスが必要となり、住宅を守るには将来的に膨大なメンテナンス費用がふりかかってきています。

一般的にメンテナンスは外壁塗装が費用的に一番安価に済むという事で行われレいるのですが、そういったメンテナンスをしていっても、現実に住宅は老朽化をし、白蟻が発生している住宅も数少なくありません。

ここで、おかしい事が現実で起こっています。
住宅を本当に大事に大切しようと4年から5年毎とまめに塗装してきたのに、住宅はボロボロになり、老朽化し、昨年迄調査の結果白蟻がいなかったのに急に白蟻が発生してしまった。

住宅を少しでも長くもたせようとしてしてきたメンテナンスなのに今までやってきた事は何だろう?・・・と今まで外壁塗装などの実際に費用を出してきたのに、今までの費用は無駄だったのか? 逆にその事が住宅の寿命を早めてきたという事を高いお金を出して、高い授業料を払って苦い経験、勉強をしてきました。

また、定期的に外壁塗装をするのは結局のところ将来、大きなお金として費用をかかってくるのはもったいないので、塗装メンテナンスがかからない、少なくなる外壁材で外壁リフォームをした方が費用の負担が軽くなるという事で、アルミサイディングやガルバリウム鋼板製金属サイディングなどを勧めてきたリフォーム業者にのっかり、金属サイディングさせすれば、もう大丈夫だと思い工事をしてきたのですが、逆に家の中がカビ臭くなり、しまいには白蟻が発生してきたという住宅もあり、雨漏りは施工前していなかったのに雨漏りするようになってしまったというとんでもない状況が現実に起こっております。

何故?そうなったのか・・・。それは住宅内部の生活湿気である、湿気対策を殆ど考えずに外からの風雨、雨水の事ばかり考え、住宅内部の湿気が木材の腐食の原因の80%以上に成っているという事をないがしろ、いや、気がつかず、わからないままにして来たからです。

過去にあった、淡路関西大震災で住宅の老朽化した住宅が倒壊した理由は最初は住宅のメンテナンスが不備と言われていたのですが、本来なる原因は住宅内の湿気による結露が大きな原因で住宅を腐食させ、地震に弱い住宅になってきたというのが真実であり、現実なのであります。

そうして、淡路阪神大震災で倒壊しなかった、住宅(アルミサイディングをリフォームした住宅)が新聞で大きく掲載され、その後、全国の悪質リフォーム業者がその新聞を見せて、これはうちの会社で施工したといい加減な嘘八百をユーザーに説明し、いい加減な工事の安かろう悪かろうという工事が全国的に蔓延してきて今日に来ました。
(14年前にコマーシャルで有名な会社がアルミサイディングを高額な金額で販売していた悪徳リフォーム業者だったとリフォーム詐欺事件として社会問題になりましたね。)

ところが、そういった大きな事件は15年も過ぎると人々の記憶から忘れさられてしまっております。
その時の社会問題に迄、なった、その悪質な販売手法が最近になっても悪質な業者がその手口で安かろう悪かろうというような内容の工事を見本工事とかモデルと謡って、消費者の冷静な判断を狂わせて高額な金額で売り込んできているのも今現在である、今日であります。

そういった金属サイディング外壁リフォーム工事も住宅内部の湿気対策や結露対策を殆ど、考えず、現在の上に胴縁を下地にして貼れば通気がとれるから心配ないといい加減な事を言って売り込んできているのも今現在、起こっている現状であり、また相変わらず、外壁塗装に於いても住宅内部の湿気対策、結露対策を考えずに工事をしているのが実態であります。

アルミサイディング施工に関しての注意点について当ブログにも紹介していく予定ですが、別サイトのリフォームガイド版ブログサイトにアルミサイディング外壁材を施工する際の注意点の記事に掲載しておりますが、それを参考にして下さい。下記URLをクリック↓↓
URL⇒ http://www.showaalumi-blog.jp/article/13170622.html

また、上記にいろいろ上げた記事の内容に関する情報も昭和アルミグループの他サイトの昭和アルミ公式ブログサイト下記URL↓↓
URL⇒ http://www.showaalumi.net にも紹介しておりますが、

当記事の趣旨である住宅の腐食については住宅内部の生活湿気が木材に入り結露となって腐食させている事が大きな原因であるという事を踏まえて、安易に下手な外壁リフォームをすると(外からの風雨。雨水を防ぐ事だけを考えて隙間なく施工・工事をする)と湿気が内部にこもってしまうという点も押えておかなけばなりませんし、
今後、外壁リフォームをするのに何を大切に、どうしていくのか考えていかなければならい重要なポイントであります。

新規!昭和アルミ公式ブログサイトをオープンしました。

2013.01.14

本日!新規公式ブログサイトをオープンしました!

少しずつ記事を増やしてきますので、今後共、昭和アルミグループの他WEBサイト共々、ご愛願の程、宜しくお願い致します。

ページ移動