HOME アルミ外壁 外断熱 サイディング
 
 
リフォーム施行例
外壁リフォームQ&A
素材の耐腐食性
新製品情報
キャンペーンのご案内
販売代理店募集
安心リフォームガイド
お客様無料相談センター
最新施工例
   
 

■アルミ素材の耐腐蝕性について(アルミは腐蝕しない?)
アルミニウムは酸素に触れると酸化被膜を形成し、酸やアルカリによる腐蝕を防ぐ性質があります。(不動体という)仮に表面の酸化被膜がとれるようなことがあっても、またすぐに酸化して被膜が形成されます。

■環境を考えた外壁リフォーム(これからの外壁・屋根リフォーム)
アルミ金属の元であるボーキサイトは、鉄や亜鉛などの金属に比べ資源の量が多いといわれています。限りある資源を大切にしていくためにも、アルミ素材を使用したアルミサイディングやアルミルーフで住まいをリフォームすることは非常に意義のある事だと言えます。また、アルミ素材は耐腐蝕性に優れ住まいを自然環境から守ります。外壁・屋根をアルミ素材でリフォームすることにより、住宅が長持ちし、更に外断熱の住まいで快適な環境を実現します。環境にやさしく、家族の健康を守る、外壁リフォーム・屋根リフォームを考えませんか?

■アルミ外壁の種類(5000番系アルミニウム)
アルミニウムにも様々な種類があります。昭和アルミが外壁・屋根に使用しているアルミニウムは、5000番系のアルミニウムを使用しており、耐腐蝕性・強度に優れている素材です。

 
   
■アルミニウム合金の種類/品番と特長  
●純アルミニウム(Al)1000番系

純度99%以上のアルミ金属で99.95%以上のものは高純度アルミといいます。反射板、送配電材、放熱材などに使われる。
1)合金より柔らかく加工しやすい 2)溶接や表面仕上げがきれい 3)耐食性が非常によい
(例)日常では1円玉に使用されています。

●アルミニウム(Al)+銅(Cu)2000番系

強度や硬さを増しますが耐食性に劣る。航空機用材、輸送機器、機械部品などに使われる。ジュラルミンケースもそうですね。
1)軟鋼を50%も上回る引張強さ。 2)機械加工も比較的よい。

●アルミニウム(Al)+マンガン(Mn)3000番系

マンガン約1.2%の合金で強度耐食性ともによい。アルミ缶のボディ部分などの容器、日用品、住宅外装など幅広い用途で使用される。
1)純アルミより強度20%程高い。 2)耐食性もほとんど純アルミと変わらない。

●アルミニウム(Al)+ケイ素(Si)4000番系

1)湯流れが良いので砂型アルミ鋳物として使える。 2)融点が低いので溶接棒、ろう付に使える。
3)ケイ素5〜6%位までは純アルミとほとんど耐食性が変わらない。
4)陽極酸化処理によって暗灰色の自然発色皮膜を作る。

●アルミニウム(Al)+マグネシウム(Mg)5000番系

耐食性は純アルミと同じで腐食環境によっては純アルミより優る。
1)耐食性は特に海水に対して強い。 2)強度が高く硬い。 3)溶接しやすい。

●アルミニウム(Al)+マグネシウム(Mg)+ケイ素(ケイ素)6000番系

熱処理によってMg2Siが折出して硬化する。建築用サッシなどで使用されている。
1)加工しやすい(押出)。 2)耐食性が良い。 3)溶接、切削性もよい。
4)硫酸法により陽極酸化皮膜を行った場合に無職透明の皮膜が得られる。

●アルミニウム(Al)+亜鉛(Zn)+マグネシウム(Mg)7000番系

時効硬化性で熱処理後の強度はアルミ合金の中で最も大きい。航空機、新幹線を初めとする車両用構造材、スポーツ用具などに利用。
1)非常に硬くて強い(熱処理をして使う)。2)溶接構造材に使う。
例)高強度を必要とする機械の部品等、高級スケートのブレードホルダーやブラケット等。スキーのストック(ポール)にはA7001材を使用。特徴:最高強度のアルミ合金。加工性良好、押出加工性は良くない。(肌が綺麗にならない)
 
 
   
 
 
  HOME会社概要営業拠点プライバシーポリシーサイトマップリンクお問い合わせ  
  外断熱 外壁リフォーム サイディングなら昭和アルミ
昭和アルミ株式会社 〒345-0036 埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸1-13-13 TEL.0120-870-857 FAX.0120-870-458
Copyright (C) 2007 Shouwa Alumi Company Limited.All Rights Reserved